フィナステリドが含まれたAGA治療薬

髪が薄い男性

男性が発症する薄毛の原因としては大きく3つの可能性が挙げられます。
ひとつは頭皮の衛生環境の悪化によって皮脂や角質が毛穴詰まりを起こして頭髪の成長を妨げるもの。
もうひとつは睡眠不足や食生活の偏り、市議と矢人間関係のストレスなどがホルモンバランスを崩したり、頭皮の血行を悪化させたりするもの。
そして3つ目には男性型脱毛症があります。
別名AGAともいわれるこの病気は、男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応することでDHTという物質を作り出し、これが毛乳頭にて完治されるとたちまち頭髪の成長サイクルが乱れて、栄養分の補給が困難になりそのまま抜け落ちていってしまうのです。

こういったAGAの治療法としては飲み薬の処方によるものが一般的です。
中でもフィナステリドと呼ばれる成分を配合した錠剤は良く知られています。
フィナステリドは頭皮にある5αリダクターゼのII型と呼ばれる成分の働きを抑える効果をもっており、こうやって男性ホルモンとの反応を抑制することで頭髪の成長を妨げるDHTの発生を抑制することが可能となります。

日本国内の医療機関における薄毛治療のための錠剤はこのフィナステリドが含まれたプロペシアという飲み薬のみとなります。
また、これと同じアメリカの会社が開発したものでプロスカーという飲み薬も知られていますが、こちらはフィナステリドの含有量が多いので自ら割って飲む必要があります。
また、ジェネリック医薬品としてはインドの製薬会社が開発したフィンペシア、エフペシア、フィンカーなどがあり、その他にもフィンコム、フィナックス、フィナストなど様々なものが存在します。
これらの海外薬品を通販などで入手して使用する人も最近では増えてきている現状にあります。

サイト内検索
最近の投稿
髪が薄い男性

フィナステリドが含まれたAGA治療薬

2019年08月06日

アーカイブ