公開履歴
鏡を見てブラシで梳かす男性

薬が効かなくなることを耐性がつくと言います。
一般には突然変異などによって、抗生物質が効かなくなった細菌を、耐性菌と呼んだりします。
これと同じように考えるのは妥当でないとして、人間に薬が効かなくなることを、耐性ではなく寛容性と呼ぶこともあります。
しかしいずれにせよ、長期的に薬を服用していると、効かなくなってくる場合があります。

人間に薬への耐性がつく原因は主にふたつあります。
ひとつは薬剤を代謝する酵素の量が増え、速やかに排出されてしまうことです。
もうひとつは薬剤の受容体が減り、体に取り込まれにくくなることです。
フィナステリドの耐性については、どちらの効果についても、はっきりした結論は出ていません。
まだ歴史の浅い薬なので、それほど多くのデータがないことも理由のひとつです。

フィナステリドはAGA予防に効果があることは確かですが5年ほど使っていると、効果が薄れてきたという体験談は時々耳にします。
もともとフィナステリドは脱毛を防止する薬であり、休止期の毛根を活性化させますが、何もないところから髪を生やすわけではありません。
したがって全ての毛根のヘアサイクルが正常に戻れば、それ以上髪が増えることはありません。
このことが耐性と見なされている可能性はあります。

フィナステリドは基本的に、使っている間だけ効果を発揮する薬です。
効き目が薄くなったからといって、使用をやめれば薄毛は進行していきます。
また効果が現れるまでには半年~1年ほど続けて飲む必要があり、あまり高齢になってからでは本来の効果が出なくなります。
耐性がつくのを避けるため、勝手に服用量を減らしたり、使い始めるのを先延ばしにしたりするのは、望ましい判断とは言えないでしょう。

フィナステリド配合で有名な治療薬にはプロペシアがあります。
プロペシアは病院で処方される治療薬ですが、個人輸入の通販サイトを使って買う事もできます。
個人輸入の通販サイトで販売されているのは海外製のプロペシアですが、製造国で認可されているので病院で処方されるものと変わりありません。
また、通販サイトではプロペシアのジェネリック医薬品を手に入れることが可能です。
ジェネリック医薬品は先発薬であるプロペシアと同じ成分・効能を持っていて、後発薬のため薬価が安くなっているので、費用を抑えながら継続してAGA治療ができるのが魅力です。
特に、ジェネリック医薬品の中でも人気のエフペシアはプロペシアに使われている着色料のキノリンイエローが使われていないのが魅力です。
キノリンイエローとは発がん性の疑いがある着色料なので、エフペシアを使うことでそういった安全性を考慮したAGA治療ができます。

記事一覧